サラリーマンの必需品:MacBook Pro。さらば、Windows 10。

MacBookPro13 必需品
スポンサーリンク

Windows 10 のPCを会社で使っているサラリーマンは多いことだろう。

MacBookPro 13インチ

そう言う、筆者も、かれこれ20年近く、Windows PCを会社で使ってきた。

その間、一度もMacを支給されたことはない。

が、そこそこの給与をもらっているサラリーマンは、Windows ではないのだ

Windows PCを使わされているサラリーマンの給与は低い。

社の下僕、いや下民だ。

大衆向けなので、バージョンアップのたびに、操作方法が変わる。その都度、やれ、画面の設定だ、プリンタとの相性問題だ。とかで作業が滞る。

スペック的には同価格帯のWindows マシンには劣るが、
OSが軽いので支障はない。

Officeとの相性がいい!!なんて、過去の話。

Excel,Wordなんて、15年も前のソフトだし、紙の代替用として開発されたソフトだ。

SNSが普及し、Web,Cloud上で仕事が完結する時代に、Officeなんていらない。

マクロで自動化、最近では、RPAで自動化されて、勝手にデータ入力までされるのに、

Officeが使えることなんてなんの意味もない。

驚くことに、先日、学生の時以来、25年ぶりに、Mac( Machintosh)を使った。

昔ながらの操作方法。25年前は、まだ白黒の一体型モニターで、動作が緩慢だった。

だけど、修士論文や卒論に不可欠な、綺麗なグラフを作るのに必要だった。

Windows 推奨派は、おそらく、GUIのオリジナルが、Appleだったことを知らないのだろう。

Windows は、AppleをマネただけのOSだ。MS-DOS,Windows 3.1Windows 95とひどい出来のOSだったが、ビルゲイツに世の中が騙されただけだ。

M&Aと他社製品のパクリで、主要なオフィス用アプリを牛耳った。

マーケット戦略の成果といえばかっこいいが、ただのパクリ屋だ。

そんなわけで、Windows とは離別しよう。

Macは、割高と思い込まされているだけ、OSのサポートもしっかりしているし、

年使って古くなったらヤフオクで売れば良い

MacBookProを買って、2年後にヤフオクで売れば、差額は、わずか5万円ぐらい。

2年で5万円のコストだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました